ENERGY BLOG

機能的なWEB接客ツールだけに頼りすぎてはいけない

投稿日:2016年07月12日

以前にWEB接客のツールとしてチャットについてご紹介しました。

ユーザーの利便性を高める有益なツールだとは思うのですが、
利用していて感じたことがありましたのでご紹介します。

先日、あるソフトウェアについて早急に調べたいことがあり、
問い合わせをしようと思いましたが、チャットでも受け付けてくれるのが分かり
早速チャットを使用して問い合わせを行いました。

チャットの便利なところは、当たり前の話ですがリアルタイムで
レスポンスがあるところです。

今回もやり取りを進めながら、解決したい内容について相談していました。
ただ、結果としては解決に至らず、QAのコミュニティで調べて下さい、
もしくは有償プランでのサポートで調査をしましょうかという提案をもらいました。

6f464d7157da4356ed8a1435b96fa89f_s

そもそも解決に至らなかった点や、対応があまりにもその場しのぎという感じがして
なんだか、その対応にがっくり来ました。

手段としてはとても便利だとしても、その手段を使って提供する内容自体が
しっかりしていなければ、満足は得られないということを改めて認識しました。

さらにチャットという実際のコミュニケーションに近い顧客対応になるために、
より丁寧な対応が求められるということを感じました。

便利な手段やツールはどんどん増えていきますが、
良いサービスやクオリティのものを提供したいというベースのもとに
活用していくことを検討したいですね。

松本

▲ トップへ戻る