ENERGY BLOG

2016年はVR元年

投稿日:2016年12月14日

Concept of digital screen,connection and interfaces.Smiling hipster enjoyingvirtual reality glasses in modern design home studio.Smartphone use with VR goggles headset.Horizontal,flare,blurred

 

 

 

Playstation VRが発売されて二ヶ月。

購入者からはとても高評価であちらの世界に旅立ちすぎて

全国的にVRおじさん、VRお兄さんと呼ばれる方が

大量発生しているようです。

このようにPS VRはVR一般化の扉を大きく開いた存在となりました。

 

今、このVR技術の進歩がめまぐるしいスピードで進んでいて、

5年前の2011年では、到底考えられない進歩を遂げているそうです。

 

先日、動画広告の市場157%成長という記事で

ご紹介した360度カメラや光学ディスプレイ、アイトラッキングなど

7つの技術がVR技術に関わり、日々研究が進んでいます。

 

ものが進化し、人の世がそれに合わせていく。

私たちにとってはスマートフォンの進化が身近に感じられるものですね。

 

 

それでは、5年後の2021年にVR技術はどうなっているのか。

Oculusのマイケル・エイブラッシュ氏によると

各種技術の発展が絡み合うことで

バーチャル・ワークスペースという作業空間ができるそうです。

 

人型のアバターとして互いに会い、

同じ部屋で共同作業をすることが出来る。

夢のような技術ですが、それがすでに現実的なものになってきています。

 

 

VR技術が進化する中で、人がどういった形で対応していくのか、

とても楽しみです。

 

 

河野

 

 

参照サイト

“5年後にVRの技術はどこまで進化する?Oculusが語った未来と課題”

https://goo.gl/fUC6Q5

▲ トップへ戻る