HARADA RETSUDEN:

第一章 情熱の雌伏[原田烈伝]

はじめの一歩

学校を卒業した私は、大手流通企業D社に入社が決まった。そして運良く販促担当として広告の仕事に携わることになった。当時、簡単に言えば販売促進が世の中のブーム。いわゆるクリエイターズブームである。日本でも「コピーライター」や「アートディレクター」というコトバが初めて社会的に認められてきて、糸井重里氏や浅羽克美氏などの人たちが、ノーネクタイでカッコ良く仕事をしている姿が脚光を浴びていた。私はそんなクリエイターへの憧れとともに、販促業界での第一歩を歩み始めることとなった。

しかし、せっかく大手流通の販促担当としてスタートをしたのも束の間、売場へ人事異動になってしまった。子供服や呉服、毛皮や宝石などといったあらゆる物をお客さまに売ってきたが、性格上どうも小売りという業種が向かず、現実と葛藤する日々が続いていた。いわゆる「待ち」の営業ができなかったからだ。

その当時のあるエピソードがある。社内で半年間の売上げを競う大会があった。私は見事MVPを獲ったのだが、実は店の呉服売場でお客さまを待ち構えていたのではなく、自分の車を使ってこっそり外商に出ていたのだ。D社グループでは外商は御法度。ある意味違反行為をして獲ったMVPには周囲からやっかみもあった。二十歳すぎの若者には、自分は成果を上げるための最善策をとったのに、一定のルールを盾にそれを許さなかった会社組織を理解できなかった。いま考えれば、会社としては「事故があってはならない」ということで決めていたルールだったろうから当たり前のことなのだが。

そんな出来事もあり、納得がいかない若い私は、D社を辞めて故郷の広島に帰ってくることになる。次はどんな仕事をしようかと悩んでいた際に、知人にたまたま教えてもらったのが15人ぐらいのD広告という広告代理店。大手紳士服の小売業A社をメインクライアントにしている会社だった。

広告のもつ素晴らしさへの期待と根拠のない自信を持ちつつ、私は明日から始まる新しい人生に胸を鳴らせながら故郷での再スタートを切った。

下積み時代

知人の紹介で広告代理店D広告の面接に行くと、面接に出てきたのは会社概要に記されていた社長ではなく、その夫人と別の役員であった。いきなり面接で「あんた元気そうだから入り」と言われ、その場で即合格。少し戸惑いながらも、その日は喜んで帰宅した。

数日後に初出社した私は、突然社長室に呼び出された。社長夫人と思っていた人は、実は夫から引き継いで社長を務めていると知ったのだが、同時に彼女は運転免許を持っていなかったために「今日からあんた運転手ね」と、これまた急に言われてしまった。

それから毎日毎日、女性社長の運転手としての日々。彼女は普通の営業先には行かず、毎日テレビ局をローテーションして廻っていた。当時の広告代理店はテレビ局に仕事を付けてもらっていたために、局に日参する方が売上げにつながるという構造だったのである。女性社長は地場老舗の会社を夫から引き継いだ人で、とにかくやり手だった。来る日も来る日もテレビ局ばかりローテーションして廻ってはどんどん仕事を獲っていくのだった。

社長が局で商談している間、待ち時間ばかりが長い運転手の私は、暇な時間を持て余して車中のラジオから流れる株式指標を聞いていた。それをきっかけに本を買って株の勉強をはじめて見よう見まねでやってみたら、なんと1年で60万の元手が600万になった。株で成功して当時の若者としては他が羨むほどの富を手に入れた私は、そのお金で外車を買ったり結婚資金を捻出したり、一人暮らしを始めたり・・・今振り返れば、何とも勝手気ままな生活をしていたものである。

しかし株は上手くいくものの、仕事の方は今回もさっぱりであった。流通業D社時代と同じく、広告代理店の古い慣習に苛まれたのだ。流通業D社時代も自分が成果を出そうと思うと社内のルールに阻止されたが、広告代理店にも古い業界慣習があって若造にはなかなか仕事をさせてもらえなかった。早くも入社半年で限界を感じた私は会社に辞表を提出した。すると「辞めてもらったら困る」という女性社長に退職理由を聞かれた。私が「営業がしたいからです」と言うと社長は、運転手を半分、営業を半分なら、と認めてくれて勤務継続が決まった。

営業に出てもいいと言われた私は、それからもう「必死」の一言。朝から晩まで新規飛び込み営業を徹底して行った。私の企画する提案をとにかくたくさんの人たちに見てもらいたかったから、この時はただただ、全力で取り組んでいた。

クリエイターへの憧れ

実はクリエイターになりたいという思いが芽生えたのは高校2年の時。矢沢永吉の「成りあがり」という本を読んだ時のことだった。矢沢永吉の半生はもちろんだが、そこに書かれている一つひとつの言葉に深い感銘を受けた。そして、その文章を書いているのが糸井重里氏だった。本当に一個一個のフレーズがカッコよく、魂が入っている。なぜこんなにカッコいいのだろうと高校生の私は衝撃を受けたものだ。

言葉の魔術師への憧れを抱き続けていた私は、広告代理店時代にはコピーライターの養成学校に通った。しかし運転手をしながら営業に出るようになっても、やはり中途半端な不遇の時代が1年ほど続き、とうとうクリエイターへの憧れが募り募った私はまた退職を考え始めていた。

そんな時期に、足繁く提案に通って気に入っていただいていた地場最大手A印刷の担当の方が、「原田さん、今の会社を辞めるんだったら一回食事でも行きましょう」と声をかけてくれて二人で会うことになった。

喫茶店で普通に食事を終えると、次にスナックに連れていかれた。そこで突然「君が原田君か!」と出てきたのが、A印刷の社長だった。その場で社長に自分の人生観とクリエイターへの想いを語ると、「じゃあ、うちへおいでよ」と、またトントン拍子に事が運び、ヘッドハンティングという形でA印刷に入社することになった。その時は「これでクリエイターとしての道が開ける!」という期待感で寝れないくらい喜んだのを今でも覚えている。

旧態依然体質への鬱憤

地場最大手の印刷会社A印刷にて再スタートを切った私は26歳。入社するとマーケティング部に配属となった。マーケティングの仕事に関わる一方で、印刷業はモノづくりの会社であるということから印刷の現場やレタッチの製版現場に入って経験を積みながら会社組織を全て経験していった。

しかし、あることに気がついた。地場では最大手、印刷業だけでグループ400名をも超える社員を抱える有名な会社にもかかわらず、あれ?なんかおかしいなと感じた。立派な社屋なのに業務の電子化が全くなされていなかったり、営業マンの力がものすごく強かったり、ここにも古い体質が残っていたのだ。

初就職をした流通業D社は、バイヤーの権限が特段強いわけではなく仕組みで組織が動いていたのに、印刷会社では声の大きい営業マンが無理矢理仕事をねじ込む事で、緻密に計算された納期や工程がくつがえされ、現場はぐちゃぐちゃになるのを目の当たりにした。売上を上げた後に見積りをしてお客さまと交渉したり、伝票を作らずに仕事が回っていたり・・・年商何十億という会社が一体何をやっているんだと思った。

働いている人たちも、製造現場は「営業はアホや!あいつらがロクな仕事をしていないから製造が苦しんでいる」と言い、営業は「製造が悪いから売れない」と責任を押し付け合って不満だらけ。対立構造のその古い仕組みに疑問を感じる日々が続いた。

これでは続けられないと感じた入社6か月目の私は、ヘッドハンティングで拾ってくれた社長に相談に行った。何が嫌なのか?と寛大に問うてくれた社長に思いのたけを吐き出した。

「自分が最初に就職した小売業のようにPOSレジなどの仕組みが全くないので、今後何か会社の中でやりたいと言ってもベテランの方の大きな声でかき消されてしまう。それに一生懸命に良いモノづくりをしたいと思って制作に注力しても、無理矢理訂正や別の仕事をを入れられることで、全て無茶苦茶になってしまう。これではクリエイターとしていいモノは生み出せない!」

そんな26歳の若造の言い分に、社長は一言「やりたいようにやってみろ」。なんと別部門を作ってくれた。マーケティング部の中に、デザイナーや企画営業も入れて新しく1つのチームを作り、新商品のロゴ開発やCIの考案をメインでやっていく部署になっていく。
▲ トップへ戻る